• Home
  • /
  • 以前行われていたちり紙交換と現在での古紙回収

以前行われていたちり紙交換と現在での古紙回収

以前は古新聞や古雑誌、そしてダンボールなどを回収することを主業とした、ちり紙交換を行う業者が数多く存在していました。その当時では、古紙に対する価値が今よりも高価なものだったために、広く行われていた業務です。一般的にには荷台の付いたトラックで古紙回収を行っており、トラックに取り付けられた拡声器などで古紙を回収しているとの文言を流します。その音声を聞いた周辺の住民が、古紙などを大量に持っている場合では、トラックに合図をすると、回収がされることになります。業者によって異なる部分ですが、大まかな目安を設定しており、出された古紙の量を目視で確認し、ちり紙交換を行ったり、ゴミ袋と交換することが行われていました。また、中には正式に目方を計測してちり紙交換を行っている業者や、現金で支払うことをしている業者も存在していました。現在では、古紙回収の多くは古紙に対する単価が下がったこともあり、自治体によって決められた日時に廃棄物として出す場合や、地域によっては、新聞の販売所などが古紙回収業務を行っている場合もあります。集められた古紙は、資源のリサイクルとして、リサイクル工場に集められ、再生紙として使用されることがメインとして行われています。

ちり紙交換の古紙回収に協力する

古紙回収に協力するということは、リサイクルに協力しているということになります。というのも、古紙回収で回収された紙などは、また紙として利用されることになるのです。例えば、また紙やトイレットペーパーなどに作り直すことが出来るのです。リサイクルに紙が直されるということは、木を伐採する必要がなくなるということなのです。木はとても大事なものです。二酸化炭素などを、酸素に変えることが出来るのは植物だけです。人が生活していくうえで、二酸化炭素はどうしても排出してしまうものです。呼吸する時にも、酸素を二酸化炭素にしてしまうことはもちろんですが、何かを作り出す時などにも二酸化炭素を排出してしまいます。紙を作り出す時なども、二酸化炭素を多く排出してしまいます。ですが、リサイクルして紙をまた作るときは、普通に木を伐採して紙を作る時に比べれば、二酸化炭素の排出量を大幅に減らすことが出来ます。このように、リサイクルを行う古紙回収には、いろいろなメリットがあるのです。ちり紙交換などが家の近所に周ってくることがあると思います。ですので、リサイクルに協力する意味もあるので、その時にはちり紙交換に紙を出すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top