• Home
  • /
  • 古紙回収と古紙処分について

古紙回収と古紙処分について

最近ではあまり見られなくなってきた、古紙回収車ですが、一般的に最近は雑誌・新聞等の古紙は一般紙ゴミとして処分されるケースが多くなって来ました。自治体でのリサイクルが多くなってきたのもありますが、近年は古紙回収車通称ちり紙交換は全く見なくなりました。その現状は上記に記載したように各地方自治体にて古紙のリサイクル回収を行うようになってしまい、回収業者自体の採算が取れなくなってきたのも現状のようです。地方自治体により基準は変わってきますが、基本名刺サイズ以上の紙であれば紙のリサイクル対象としており通常の可燃物ゴミとは分別して指定日に紙袋や紐で縛って出すようになってきています。一昔前までは、紙ゴミは一般的に可燃物ゴミとして処分されてきてましたが、リサイクルする名目で最近では紙ゴミ・ペットボトルゴミなどは指定日に指定された回収場所へ出すようになっています。ただし古紙回収に関して注意しないといけない部分も多くなってきました。まず天候の悪い日には出せません。古紙が湿っている状態では出すことができません。回収場所に屋根がついてるところはいいですが、屋根がないところは梅雨時は全く紙ゴミを出すことができません。その分不定期に来てくれていたちり紙交換はある意味便利だったように思います。

処分する前に古紙回収可能でないか検討してみる価値はある。

特に何も考える事なく、処分する事を選択すれば或いは気持ち的にも面倒でなく楽であるかもしれません。しかし、ただ処分するという選択肢を選ぶ事によって資源であった筈の古紙がただのゴミに変わります。そういった点をもう一度よく考えてからその先を考えてみても良いのではないでしょうか。古紙回収は地域で行われている場合などもありますが、古紙やその他の物など再生可能な物に関しては専門に収集している業者などがどこかにある筈です。最初から近所には無いと決め付ける事なく、一度電話帳などで調べてましょう。希望する古紙の量などが多い場合には条件によって古紙回収に来て貰う事が可能になる場合もあります。そうなれば断然自分でゴミとして処分するよりも手軽です。最近ではゴミを捨てる事でさえ、お金がかかる場合も多いです。量が多くなれば結局捨てる際にも自分自身で処理場に運んだりしなければならない事になる可能性があります。同じ面倒な事をしなくてはならないのであれば、少しでも負担が少なく、尚且つ環境問題などにも貢献する事が出来る古紙回収を選択する事が得策であるとも言えます。事前に自分で調べる必要などはありますが、捨ててしまうのではなく資源として扱う事によって未来へも貢献する事が出来ると考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top