• Home
  • /
  • 古紙回収に協力するとちり紙交換してくれる会社

古紙回収に協力するとちり紙交換してくれる会社

人間が人間らしく生活すると、想像以上に沢山のものを必要とします。それは家具であったり家電であったり使い捨てのものであったり、長く使えるものであったりするのですが、その中でも意外と沢山増えて困るものが、資源ごみです。ペットボトルやお菓子の箱、それに新聞紙や缶にビン、沢山のリサイクルできる資源が私達の生活の中に溢れています。それをただ資源ごみとしてゴミ収集車に預けてしまうのはとても勿体無い話で、調べてみると古紙回収してくれる会社や、缶やビン、それにペットボトルのフタまできちんと分別すれば回収してくれて、更にちり紙交換までしてくれる会社というのが沢山あるのです。古紙回収に関しては生活していると沢山の古紙が出てきます。なにげにポストに投函されているちらしの裏をメモ帳にしている人は多いと思いますが、メモ帳として役目を果たしたチラシでも、まとめておけば立派なリサイクルできる資源です。あまりにも少ないとちり紙交換してくれない場合が多いですが、ある程度の量がたまるともとはタダの紙であってもふわふわのちり紙と交換してくれるものです。勿論市のゴミ収集車に資源ごみとしてそれらを出す事は悪いことではありません。しかし少しでも自分の役に立つようなものと交換してくれる会社を利用した方が、リサイクルにも力が入るのではないでしょうか。環境のため、それから自分のため、捨てるゴミを減らしていきたいものです。

ちり紙交換から古紙回収への流れ

一昔前では、ちり紙交換車と呼ばれる車が住宅地を回り、拡声器を使って家庭で要らなくなった古新聞、古雑誌、ぼろきれ、ダンボールなどの回収を呼びかけそれとちり紙やトイレットペーパーと物々交換する。というものがあったそうです。回収業者は集めた紙を売ることで利益が、家庭では要らなくなったものを処分して有用なトイレットペーパーなどに、回収した紙はリサイクルされ環境に良い、と互いに有利な古紙回収方法だったみたいです。しかし、最近では古紙の回収下落とともにみられなくなったようです。そのため、ちり紙交換の業者が撤退した後は行政によって古紙回収として定着し、以前までの新聞、雑誌のみでの分別しやすく、リサイクルも簡単でまとまりやすかったものが、新聞以外の様々な紙類がリサイクルに回されるようになっているようです。実際に、企業内におけるシュレッダーにかけられる紙などが大量に扱われるようになり、シュレッダー処理の後焼却されていたものが、最近では特別な契約を結んだ上で直接古紙回収業者に出されリサイクルに回されるようになりました。業者に委託するには費用が掛かりますが、無駄な紙を100%リサイクルに出しているということを外部にアピールし企業のイメージアップにつなげるという企業側の作戦もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Back to Top