• Home
  • /
  • 古紙回収の一つの手段であるちり紙交換

古紙回収の一つの手段であるちり紙交換

昔の新聞や広告などの古くなった紙が家の中にあるとかなり邪魔になります。紙なので、そこまで場所をとらないだろうと思う人もいるかと思いますが、新聞などは毎日とるものなので、1ヶ月だけでもかなりの量になり、たくさんの場所をとってしまいます。しかし、お金を出してとっている新聞などを簡単に廃棄するのは少しもったいない気がします。なにより、紙を捨てることは環境にも悪いです。なので、できればお手頃なサービスで引き取ってほしいです。そこで今回は、古くなった紙を回収してくれるサービスを紹介します。古紙回収です。古紙回収とは、既に使用していて使い道がない紙を、リサイクルするために回収することです。この方法は資源の再利用にも関係するので、資源の無駄遣いをなくすことにも繋がります。古くなった紙を捨てる必要もなくなるので、環境にも優しいです。また最近では、古紙回収はちり紙交換としても行われています。ちり紙交換とは、古くなった紙を回収してもらう過程で、ちり紙やトイレットペーパーとの物々交換をすることを通じて回収してもらうという方法です。この方法は、回収する側と回収される側のどちらにも利益が出る方法なので、とてもお勧めです。

モノの命を生かす古紙回収のリサイクル処分

省資源は、今後の世界の趨勢であろう。限られた宇宙船地球号という観点から、省資源は当然の指針であり、あとさきを考えなかった大量消費大量廃棄の時代への当然の反省にそれは基づく。リサイクルは、その中のキーワードである。リサイクル品目として、近年、ペットボトル、鉄、食用油、アルミ缶、カラス瓶、電池類と数多いが、その中でも、古紙回収は歴史が古く、平安時代にまで遡ると言われる。江戸時代では、紙を買い集める「紙屑買い」や落ちている紙を拾う「紙屑拾い」という紙を集める業者が現れている。現代では、チリ紙交換という事業が古紙問屋などによって行われている。最近では、環境問題への意識の高まりなどによって、新聞販売ルートでの回収や自治体による行政回収、子供会などの団体による回収など様々なルートで古紙回収が行われるようになっている。回収された古紙は、リサイクル処分され、再び紙の原料として、トイレットペーパー、段ボール、白板紙の原料などに生まれ変わる。ただ企業で多用されるシュレッダーで処分された紙は、用途によってはパルプ繊維が切り刻まれているため再生には不利という事情もあるようだ。このようなモノの再生は、モノの命を生かすという日本の古来からの精神風土によく馴染むものであるように思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Back to Top